シナジーレボ

「電気のあるところに
人を集める」から
「必要なところに電気を届
ける」へ 

About ESS

ESS【分散利用型蓄電システム】について 

外部電力や再生可能エネルギーを使って、内蔵された複数のポータブル蓄電池に効率よく充電できるオリジナルESSです。ポータブル蓄電池には、AC電源口やUSB端子が搭載されていますので、様々な電気機器への給電が可能です。また、LED照明を搭載していますので、緊急時の照明としても活用いただけます。

*ESS及びポータブル蓄電池は現在開発中です。本体デザイン及び製品仕様は変更になる場合があります。

ESS本体

風車

独自開発のESSは、取り出し可能なポータブル蓄電池を複数台内蔵した蓄電シス テムです。残量の異なるポータブル蓄電池への充電を一括管理できるBMSを搭載 しています。外部電力からの充電はもちろんのこと、 Wind Power Station等の 再生可能エネルギーでも充電出来ますので、停電時でも利用可能です。
万が一の際は非常用電源として内蔵のポータブル蓄電池を分散配布することで、 利用者の密集を避けることが可能です。

主な仕様
  • オリジナルBMSにより複数の内蔵ポータブル蓄電池を一括管理
  • 屋外熱対策ルーパー搭載
  • ポータブル蓄電池8個搭載可能
  • グリッド入力対応【AC100V~230V】
  • 再生可能エネルギー入力対応【DC24V~】
  • 配線引き込み穴あり
風車

ポータブル蓄電池

蓄電器

ESSからの充電はもちろん、付属のACアダプターを使用すれば個々への直接充電 も可能です。

主な仕様
  • 純正弦波採用
  • 残量確認用インジケーター搭載
  • LEDライト2個搭載
  • パススルー方式採用
  • 外寸:295mm×H206mm×D181mm
  • 重量:約8㎏
  • バッテリーセルタイプ:リチウムイオン電池
  • バッテリー容量:600W
  • AC出力口:2個
  • DC出力口:USB端子3個、シガーソケット1個
蓄電器

Battery share

バッテリーシェアとは

バッテリーシェアとは、新たな生活様式における電力供給スタイルの一つです。従来の「電気のあるところに人を集める」という方式ではなく、「人が集まるところに電気を届ける」という新たな考え方で災害・緊急時に対応します。 当社が独自開発したESS(分散利用型蓄電システム)は、取り出し可能なポータブル蓄電池を複数台内蔵しており、災害発生時には電源が必要な場所への分散配布が可能です。

ESSとポータブル蓄電池を活用したバッテリーシェア
主な電気機器の利用可能時間(ポータブル蓄電池1台当たり)
電気用品 利用可能時間
電気毛布
ポータブル冷蔵庫
弱(10W)
約42時間
中(25W)
約17時間
強(50W)
約8時間
扇風機
サーキュレーター
弱(15W)
約28時間
中(30W)
約14時間
強(45W)
約9時間
LED照明
5W
84時間
50W
約8時間
100W
約4時間
ノートパソコン
50W
約8時間
スマートフォン
充電回数
(フル充電まで)
9W
約50回
液晶テレビ
65W
約6.5時間